看護師とは、国家資格のうちのひとつで、医師の指示の元、患者さんへの診療や治療の補助を行ったり、療養上の世話などを行うことができます。

看護士・準看護士とは

病気や怪我、障害などで不自由な療養生活を送っている患者さんを補助し、看護師は医療の現場になくてはならない存在です。
医療・薬に関する知識を持ち、またそれと同時に患者さんの不安な気持ちなど、心のケアもしなければなりません。
療養中や入院中は、患者さんはとかく不安になります。そんな患者さんの苦痛や不安を理解して、心のケアをすることも看護師の役割として求められています。

看護師としての仕事はやり甲斐がある反面、仕事として心身ともにとても大変なお仕事です。
これから少子高齢化を本格的に迎えるに当たり、看護師の数は絶対的に不足しており、熱意に燃える、看護師の誕生が期待されています。

看護士・準看護士になる為に必要な資格

看護師となるには国家資格を合格する必要がありますが、専門的な勉強をした後に受験するケースがほとんどの為、合格率は高いです。

看護士・準看護士の給料

看護師になろうと頑張っている方にとっては、看護師という仕事の給料がとても気になると思います。
体力的にも精神的にも非常に大変な仕事ですから、どのくらいのお給料がもらえるのでしょうか。

看護師の給料は、民間病院と国公立病院で大きく違ってくるようです。
公立病院等で働く看護師たちは、公務員扱いとなりますので、年数を重ねるにつれ、給料が上がっているようです。
また、給与に対して夜勤手当が大きい場合には、夜勤をしない場合には給料が減ることも多いようです。
それでも民間企業よりは高いケースが多いのではないかと思います。

新人看護師の給料として調べてみたところを平均すると、月23万円~25万といったところになるようです。
勤務体制をみると、やはり3交代制と明記している病院が多いです。
民間企業に就職した場合の初任給と比べると、割合高いといった印象です。
看護師の平均年収は400万円以上と、数字だけを見ると民間企業よりも高いと感じるようです。

しかし、看護師の勤務環境は夜勤があったり、交代制であったりと大変です。
定時で帰ることができる民間企業と比較し、仕事内容を考えるともっと貰っても良いのかもしれません。
給料に関しては、病院ごとに異なりますので、不満であれば他の病院に移るなど考えた方が良いかもしれません。

また、職場によっては、手当がつく場合もあります。
介護支援専門員、保健師などに手当がつく場合、また看護師長、看護部長などのクラスになると役職によって手当がつく場合もあります。

また、全国的に看護師は不足しています。
さらに高齢社会が進む中でニーズは高まる一方ですから、看護師の確保という事で今後待遇が良くなる可能性もあると考えられます。

男性看護師について

看護師といえばやはりまだまだ女性の看護師さんを思い浮かべてしまいます。
近年では男性看護師も増えてきた、ということですが実際にはどのくらい増えてきたのでしょうか。

少なくとも、小さな病院や、診療所などでは男性看護師の姿を見かけることはまだ出来ないようです。
大きな総合病院や大学病院であれば、男性看護師の姿を多く目にする事ができるようになっています。

看護の現場では力仕事もありますし、介護が必要な患者さんであれば、体を支える、持ち上げるなどの力が大いに必要な場面もあります。
男性看護師の力が発揮できる場面は多い、といえるのではないでしょうか。

ちなみに、男性、女性共に「看護師」という名称に統一されたのは2002年3月からです。