適職診断の概要と適職診断の有用性

適職診断とは、診断を受ける者の、 心理面や精神面、あるいは学力面などを総合的に診断して、 適している職業を提示するものです。 この適職診断には、様々なものが存在していて、検査内容もそれぞれ異なります。...

全国でノロウイルス患者増 さらに流行拡大の恐れ

嘔吐や下痢を繰り返す感染性胃腸炎の患者が、佐賀県を除く46都道府県で増加していることが、国立感染症研究所の集計で24日分かった。ほとんどがノロウイルスが原因とみられる。  全国約3千の小児科から報告さ...

後期高齢者医療制度

厚生労働省が示した後期高齢者医療制度に代わる新制度の改革案について、松沢成文知事は9日の定例会見で、「今の制度がしっかりと運営されているのかどうか、もう少し見るべきだ」と述べ、見直しに慎重な姿勢を示し...

医師の5人に1人がスマートフォン所有 3割以上で医療情報の収集に使用

市場調査などを展開するケアネットは12月3日、医師の5人に1人がスマートフォンを所有し、3割以上の医師が医療に関する論文やニュースを閲覧して情報収集しているとの調査結果を発表した。調査はCareNet...

医療機関利用日数は平均18日、高齢者の割合拡大

国民健康保険公団と健康保険審査評価院が9日に共同発刊した「2009年健康保険統計年報」によると、昨年における国民1人当たりの医療機関利用日数は平均18日だった。入院が1.9日、外来が16日と集計された...

国民医療費は過去最高34・8兆 08年度分

厚生労働省は24日、08年度に病気やけがの治療で全国の医療機関に支払われた医療費の総額(国民医療費)が34兆8084億円で、国民1人当たりでは27万2600円と発表した。いずれも過去最高額。  2年連...